TOP

なぜ渋谷のキャバクラ体入がオススメかはここの体験談を読むと分かると思います。

貯金をしたいのなら、まずは渋谷のキャバクラに体入!


キャバクラはきらびやかなドレスに身を包んで豪華なフロアでお客さんと接する、その華やかさと美しさから憧れを抱いている人も少なくないでしょう。また高収入が望める仕事としても知られているため、借金返済や貯金のためにキャバクラに勤め始める人もいます。貯金の理由は人それぞれで、海外旅行に出たい人、自分のマンションを買って優雅な暮らしを求める人など、キャバ嬢にはさまざまな夢があるのです。しかし実情は、なかなかお金を貯めることのできない人が多いのをご存知ですか?決して給料が低すぎて生活が苦しいわけではありません。普通にOLとして働くよりも多くのお金が手に入るのに、なぜ貯められないのでしょうか。ひとつはキャバ嬢として働くにはコストがかかる、という問題があります。メイクや髪型をセットし、ドレスを定期的に新調していたら、いつも同じスーツを着て働く人よりもお金がかかってしまうのは仕方ありません。しかしキャバ嬢が散財してしまうのは必要コストだけではないのです。キャバクラは見た目の華やかさの裏で、苦労も多いものです。そのストレスを発散するためにショッピングに走ったり、交遊費に使ったりしがちなのですが、度が過ぎてしまうと貯金どころか、それが原因で借金地獄に陥ってしまうこともあります。また、ホストに通う人も多いです。同業種で頑張っている人だからこそ、自分の苦労を理解してくれるホストは話しやすいかもしれませんよね。適度な利用は良い息抜きになるかもしれませんが、ホストの魔力に引き込まれて「彼のために貢いであげよう」とならないように気を付けましょう。人はお金を持てば使ってしまう生き物です。ついついブランド品に目が眩み、まだ使えるのに新しい服やバッグを買い漁ってしまう。ちょっとした距離でもすぐにタクシーを利用してしまう。ほかにも思い当たるふしがあれば見直しが必要です。塵も積もれば山となります、本当にそれは必要な出費なのか、購入する前に一度考えるようにしましょう。今までとお金の使い方が変わってしまえば、貯金の夢は遠い未来になってしまいますよ。もしも「自分は絶対にお金を無駄使いしない!」という自信があるのなら、ぜひ渋谷のキャバクラに体入してみてください!渋谷キャバクラ体入に特化した求人サイトなら、体入可能な渋谷のキャバクラが多数紹介されています。渋谷はお客さんが多く稼げるエリアです。ぜひ体入をして雰囲気を掴んでくださいね!

シングルマザーが渋谷のキャバクラに体入

私は幼稚園に通う子供がいる26歳のシングルマザーです。この子が生まれて間もない頃に、旦那の浮気が原因で離婚しました。離婚してすぐに実家に戻り、家業の手伝いをしながら子育てをしていたんですが、子供が幼稚園に入ったのを機にそろそろ外で働こうかなと思って渋谷のキャバクラで働き始めました。実家は結構な資産家なので、そんなに働く必要はありません。ただ、テレビなどで見る華やかな夜の世界に憧れていたんです。渋谷で夜の蝶と呼ばれ、一晩でかなりの高収入を得るというキャバ嬢たちを間近で見てみたかったので、体入に行ってみて、そこで働くことにしました。年齢を3歳も誤魔化して23歳になった私は、いかにもキャバ嬢という風なメイクや衣装を着てそれだけでもう満足でした。仕事自体は、テレビで見たような華やかな部分だけではなく、実際は見えないところでかなりの苦労がありました。お客に色目を使って勘違いさせ、いろんなものを買ってもらったり高いボトルを入れてもらったりしました。でも、体入の時点で時給は結構高かったです。子供がいることを教えたお客は、無理にアフターに誘ってくることもなくて、結構働きやすかったですね。男と女の駆け引きを楽しむキャバクラという場所は、意外にも私に合っているような気がします。

渋谷キャバクラで留学資金を稼いでいます

私は大学生で、一人暮らしをしているんですけど、夜は渋谷のキャバクラでバイトをしています。昔から外国に対して強い憧れを持っていて、絶対に海外留学をするつもりでいました。けど、学校に行きながら普通のバイトをしてもお小遣い程度しか稼げないし、そんな状態で就職してしまったらチャンスを逃すと思ったんです。せっかく大学生で時間が有り余っているんだから、余ってる時間を有効に使ってなるべく高収入をゲットしたいと思い、たどり着いたのが渋谷のキャバクラ。早速体入に行きました。お酒は好きだし、おじさん達の相手も得意なので、絶対向いてると思って体入後に働き始めました。高校生の時に、道を歩いていてよくおじさんにナンパされていたので、おじさん受けは良いんだろうとは思ってました。最初は新人だからと周りも甘やかしてくれましたが、いろいろとノルマが課せられるようになってきてからは結構大変でした。でも、なんとか指名も増やし、だんだんと月々のお給料も上がってきました。学費を稼ぐためという口実だったので、たまにお小遣いにと同伴の時に現金をくれるお客さんも出てきました。出来れば留学は3年間ぐらいしたいので、大学生の間は2足のわらじで頑張ろうと思っています。

渋谷キャバクラで体入時からキャラ設定を徹底

私は渋谷にあるキャバクラで働いています。両親を早くに亡くし、中学と高校に通う妹と弟の学費や生活費を稼ぐために毎日必死に働いています。というのは、私の設定したキャラのことで、実際は両親も健在で一人暮らしをしています。ちなみに一人っ子です。お小遣い稼ぎに渋谷のキャバクラに体入に行って、そのまま働いているんですが、ありのままをお客さんに言って仕事をすると、休日に会おうとかアフターに行こうといったメンドくさいお誘いがガンガン来ます。以前働いていたお店ではキャラ設定をせずに働いていたため、店外を交わすのが面倒になり、結局お店を辞めちゃいました。可哀想、忙しいというキャラ設定にしておくと、お客さんは協力してあげたい、自分が支えてあげなきゃって思うようになるんです。ナンバー入って、毎月高収入をゲットしているキャストは、だいたいこういったヘビーなキャラ設定で通しています。自分で学費を払っているとか、家族の生活費を稼いでいると言ってキャバ嬢をやってると、時にはお客さんに現金を手渡されることもあるんですよ。だからこのお店では体入のときからキャラ設定を練っていた結果、大成功です!

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ