>  > 私が渋谷キャバクラに体入に行く理由

私が渋谷キャバクラに体入に行く理由

私は、母一人、子一人の母子家庭で育ちました。母は私を産んですぐに離婚し女手一つで私を育ててくれて、とても感謝しています。昼間は私とずっと一緒にいてくれて、夜になると綺麗にお化粧をし、私を祖母の家に預けてから毎晩渋谷のキャバクラで働いていました。メイクアップした綺麗な母を見て、子供ながらに私もこんな風になりたいと思っていました。だから、いつしか私も渋谷のキャバクラで働きたいと思うようになっていました。どうしても偏見の多い夜の仕事ですが、母はプライドを持って働いていたし、私もそれをかっこいいと思っていたので、キャバクラで働くことを決めた時にも迷わず母に話しました。高収入だから決めたわけではなく、歳をとっても母のように綺麗でありたいと思ったんです。私が目指すキャバ嬢は、自分自身が商品だという自覚と誇りを持ち、常に高い美意識を持っていられるような嬢です。たくさんの男性に夢を与えられたら素敵だと思っています。今は母は自分のお店を持っていますが、私もキャバクラで接客の技を身に着けたら、いつか母の店で一緒に働きたいです。そのために今度体入に行ってみようと思っているんです。

[ 2016-11-05 ]

カテゴリ: キャバクラ 体入

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ